骨折でお悩みの方へ

骨折によくある症状

  • 転倒して
    手をついた後
    手首が変形
    してしまった

  • 骨折した際に
    どのような
    処置をすれば
    よいのか
    分からない

  • 骨折か捻挫か
    判断できない

  • 骨折をできる
    だけ早く
    回復させたい

骨折の対処法を知っておきましょう

骨折は転倒や衝突の多いスポーツで起こりやすいといわれています。
また、高齢者も加齢によって骨が弱くなりやすく、骨折のリスクが高まりやすいと考えられます。

 

こちらのページでは骨折の原因や症状、対処法について詳しくまとめてあります。
骨折を早く治したい方、骨折を予防していきたい方はぜひ最後までご確認ください。

骨折早期回復メニュー Recommend Menu

骨折の原因や症状について

骨折は骨が折れたり、ヒビが入ったりした状態をいいます。
他の外傷と比較しても痛みは強く、日常生活にも大きな支障が出てくることが考えられます。

こちらでは、骨折に対する適切な処置をするめに、「骨折がどのようなケガなのか?」について詳しくみていきましょう。

 

【骨折の程度による分類】

 

完全骨折:骨が完全に折れて、離れてしまったものになります。
不全骨折:骨が部分的に折れたり、傷がついたものになります。(ヒビ、亀裂骨折、剥離骨折、陥凹骨折など)

 

【骨折の種類】

 

◆外傷性骨折

骨に強い外力が加わることで、折れたものになります。
転倒転落事故などが骨折する原因として挙げられます。

 

◆疲労骨折

中程度の外力が、繰り返し身体の一部に加わり続けることで発生した骨折になります。
スポーツでの長距離走ジャンプ動作の繰り返し仕事での長距離の歩行などが原因として挙げられます。

 

◆病的骨折

骨の変異によって、通常では骨折を起こさないような非常に弱い外力によって骨が折れたものになります。
原因としては、骨粗鬆症骨腫瘍がんの骨転移などが挙げられます。

 

【骨折の固有症状】

 

疼痛腫脹機能障害といった一般的な外傷症状のほかに、骨折には次のような固有症状がみられることがあります。

 

転位と変形:完全に折れた場合は、位置のずれ(転位)、外観のゆがみや曲がり(変形)がみられることがあります。
軋轢音:折れた骨折端同士が衝突することで、軋轢音を触知することがあります。
異常可動性(異常運動):完全に折れてしまった場合、関節以外の場所で骨が異常な動きをしてしまうことがあります。

 

【骨折の全身症状】

 

ショック症状:大量の内出血によって循環バランスが崩れることにより、ショック症状がみられることがあります。

「顔面蒼白」「手足の冷え」「冷や汗」「脈拍を触れない」「虚脱」といった症状がみられます。

 

吸収熱:血腫が吸収される際に、全身に発熱症状(37〜38℃)がみられることがあります。

 

【骨折を判断するポイント】

 

これだけで骨折とは断定できませんが、骨折を判断するポイントとしては次のものが挙げられます。

 

●限局性圧痛

骨折した箇所に限局した圧痛がみられます。
骨膜や骨の周辺には知覚神経が豊富に走っているため、骨折の痛み(自発痛、圧痛)はその他の外傷と比較しても強めに出ることが多くなっています。

 

●介達痛

患部から離れた箇所を叩いたり、振動させたり、軸圧を加えると骨折箇所に痛みが響くことがあります。

その他、骨自体にも血管が豊富に走っているために、内出血量が多いのも骨折の特徴になります。

 

【骨折の併発症】

 

骨折には次のような併発症を起こすリスクがあります。
安静にすることと、素早い処置が求められます。

 

●関節損傷
●筋、腱など軟部組織損傷
●血管損傷
●末梢神経損傷

など。

骨折には「RICE処置」を行いましょう

骨折を放置することで、治癒が遅れるだけではなく機能障害が残ってしまうリスクも考えられます。
急性の外傷には、できるだけ早期に「RICE処置」を行うことが大切です。

こちらでは「RICE処置」を中心に、骨折の対策について詳しくご紹介していきます。

 

【RICE処置】

 

安静(Rest):損傷を悪化させないよう患部を安静にすることで、治癒の促進を期待できます。
冷却(Icing):内出血を抑えるため、袋に入った氷水を当てて患部を冷却します。(冷やしすぎにはご注意ください)
圧迫(Compression):腫脹が広がらないように、患部を包帯やバンテージ、テーピングなどで圧迫します。
挙上(Elevation):腫脹が末端部分にたまらないように、患部を心臓より高い位置に挙上します。

RICE処置を行いましたら、なるべく早急に接骨院・整骨院、医療機関にて「整復(骨を正しい位置に戻す)」「固定」を受けましょう。
正しい位置に整復してもらわないことで、骨が不自然な形でついてしまう可能性も出てきます。

 

【日常生活で行える骨折の対策】

 

特に高齢者の方は骨の強度が弱くなりやすく、骨折をした際の治癒も時間がかかってしまうことが考えられます。
日常生活で適度な運動をすることで骨の強度を保ち、体幹トレーニングバランストレーニングを行うことで転倒の予防をしていくことが大切です。

また、スポーツにおいても転倒による骨折のリスクが高いことが考えられます。
体幹トレーニングと、身体への衝撃を吸収する受け身を習得する必要があるといえます。

 

【骨折の治癒経過】

 

◆炎症期

患部への血流量が増加されるために赤く腫れ、炎症症状がみられる時期になります。

 

◆修復期

骨折の修復のために「仮骨の形成」「仮骨の硬化」が進む時期になります。

 

●リモデリンク期

仮骨が破壊と再構築を繰り返すことで、本来の骨に置き換わってくる時期になります。

本八幡中央整骨院の【骨折】アプローチ方法

骨折のの疑いがある場合、整骨院ではレントゲンを撮ることは出来ませんが、エコーを用いてお身体の中の状態を確認します。
それから異常可動性、軋轢音、転位と変形がある場合は骨折と判別し施術に入っていきます。
我々柔道整復師が手を使って徒手整復を行い固定となります。
後は骨がくっつくのを待つだけですが固定期間は動かすことが出来ませんので、それが原因で筋力の低下、関節拘縮が起こります。

 

当院は、筋力の低下、関節の拘縮の予防に力を入れております。
適切な期間、固定を行った後の運動、リハビリテーションを行います。
また必要に応じて隣接するトレーニングスタジオでの運動を指導いたします。

当院は患者さんの早期の日常生活への復帰、競技スポーツへの復帰を支援応援をしております。

 

【骨折に対する施術方法】

 

■保険施術

「骨折」「脱臼」「捻挫」「打撲」「挫傷」は保険施術の適応です。
具体的に「いつ」「どこで」「何をして」「どこを」痛めたが明確であれば保険で施術が受けられます。

 

■ハイボルト療法

 

■CMC筋膜ストレッチ(リリース)

筋膜のたわみを解きほぐすことで、筋肉の柔軟性や関節の可動域の不良を改善していきます。
それによって肩こりや腰痛などの症状を改善し、身体のバランスも整えることが期待できます。

著者 Writer

著者画像
院長:郡司 学
・資格:柔道整復師、普通自動車免許、剣道2段、柔道初段、サンボ初段(ロシアの格闘技)、アマチュア無線技士、情報処理技術者
・誕生日:昭和46年5月23日(動物占いだとサービス精神旺盛なコアラだそうです)
・血液型:A型、大型ではありません。
・趣味:格闘技(みるのもやるのも)、お風呂(最近は息子達と入るのが息抜き)
・特技:ウェイトトレ、料理(中華や居酒屋メニューなど、最近はイタリアン挑戦中)、魚の目利き(魚屋の孫なんで)、果物・野菜の目利き(バイトで長いこと八百屋さんでした)
・座右の銘:初志貫徹、なんとかなる
 

  関連コラム Column

   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:本八幡中央整骨院
住所〒272-0023 千葉県市川市南八幡5-11-15
最寄:本八幡駅 徒歩5分
駐車場:3台
                                 
受付時間
9:00〜
12:00
-
15:00〜
20:00
14:00~
17:00
-
定休日は日曜・祝日です

【公式】本八幡中央整骨院 公式SNSアカウント 本八幡中央整骨院 ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】本八幡中央整骨院 公式SNSアカウント 本八幡中央整骨院 ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】本八幡中央整骨院
公式SMSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中